タグ:VRヘッドセット

  • カテゴリ:
このエントリーを含むはてなブックマーク
1: 逆落とし(北海道)@\(^o^)/ [US] 2017/01/07(土) 13:33:01.65 ID:wXRkp3Pr0 BE:422186189-PLT(12015) ポイント特典
b_500x375


FOVEは1月6日、米ラスベガスで開催されている家電見本市「CES 2017」にて視線追跡型VRヘッドセット
「FOVE 0」の配送を開始すると発表した。1月初旬から全世界に向けて数千のヘッドセットの配送を開始する。

FOVE 0は低遅延のステレオ視線追跡機能を搭載し、2560×1440ディスプレーを備えている。
主要なゲームエンジンプラグインのUnity、Unreal、Xenkoをサポートし、SteamVRやOSVRのゲームタイトルをプレー可能だ。

2015年に実施したKickstarterでのクラウドファンディングによる資金調達では48万ドルを集めた。
ウェブサイトでは、599ドルで先行予約を受け付けている(1月6日時点)。

製品のカラバリは今後白色に注力するとして、限定版の黒色バージョンの販売は1月末までとしている。

http://ascii.jp/elem/000/001/414/1414276/

省略されました・・全てを読むにはここを押してください

このエントリーを含むはてなブックマーク
160627_oculusopen

0: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/24(木) 12:05:04.64 ID:pssPJe7SI.net
これからの常識となるのか。

PlayStationやXboxなどの、いわゆるコンシューマーゲームは、ゲーム機同士の互換性はありません。

しかしVRの世界では、ゲーマーも開発者も、よりオープンなシステムを望んでいます。どんなヘッドセットでも同じゲームが遊べるなら、ユーザはもちろん、複数のハードに対応する必要がなくなる開発者にとっても、有益なことですからね。

RedditやUploadVRによると、Oculus社は、Oculusのストアにあるゲームでハードウェアのチェックを行なわないとのこと。これにより、Oculus Rift以外のあらゆるヘッドセットで、Oculusのストアにあるゲームをプレイできるようになりました。

Oculusのゲームを、HTC Viveでプレイできるようになるサードパーティツール、「Revive」がリリースされたのは今年4月のことでしたが、わずか1カ月後、Oculusはこのツールを利用不可にするアップデートを行ないました。


VRの開発者やユーザは、同社の対応は排他的であるとし、自身も「VRコミュニティはオープンであるべきだ」と語っていたはずの、パーマー・ラッキーCEOを非難。しかし同社は「このアップデートは海賊版への対策だ」と話しており、今月行なわれたE3でも、特に新情報はありませんでした。

この件について、米GizmodoがOculusの広報担当者に取材を試みたところ、「今後もハードウェアのチェックは行なわない」と明言しています。

まだはじまったばかりのVR業界ですが、HTCと共にViveを開発したValveもオープン性を支持するという話もありますし、今後もこのようなコミュニティが保たれていくといいですね。

http://www.gizmodo.jp/2016/06/oculusdrmvr.html

DRMとは
DRM(Digital Rights Management)とは、デジタルデータとして表現されたコンテンツの著作権を保護し、その利用や複製を制御・制限する技術の総称。デジタル著作権管理。音声・映像ファイルにかけられる複製の制限技術などが有名だが、広義には画像ファイルの電子透かしなどもDRMに含まれる。
http://e-words.jp/w/DRM.html


0: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/24(木) 12:05:04.64 ID:pssPJe7SI.net
一回でも突然DRM制限掛けたっていう前科がある限り信用されないやろな

関連記事
オープンなVRを目指していたOculusの「方向転換」にファン失望オープンなVRを目指していたOculusの「方向転換」にファン失望

MotherboardのレポートによるとOculusの最新アップデートではデジタル著作権管理(DRM)の規約に変更があったとのこと。それによってReviveと呼ばれるサードパーティによって開発されたパッチが使用不可となりました。Reviveを使うことでOculusストアで購入したVRゲームをHTC Viveなど他のヘッドセットでもプレイすることができたんですが、それができなくなったんですね。Luckeyが約束してたOculusの精神と違ってるじゃないか!とユーザーたちの失望と怒りをかっているようです。

一方OculusはReviveをパッチではなく「ハッキング」と認識しているよう。1カ月ほど前にArs TechnicaがReviveの使い方を説明する記事を出したところ、Oculusは「我々は(Reviveを)許容しません」とコメントを寄せ、アップデートによってハッキングされたソフトウェアが使えなくなることを予告しました。

http://www.gizmodo.jp/2016/05/oculus_changes_drm_rules.html




省略されました・・全てを読むにはここを押してください

このページのトップヘ