タグ:VR

このエントリーを含むはてなブックマーク
1: キチンシンク(catv?)@\(^o^)/ [KR] 2017/02/24(金) 12:59:03.80 ID:8MLCEHaf0 BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
【更新】2/25 8:30 PlayStation VR 再販売

ソニーオンラインストアにて、予約発売日情報が更新されました
「2月25日(土)8時30分より、本ページにて予約販売再開をいたします。」とのことです
毎回すぐに完売となってしまう人気商品ですので事前のログイン・ID取得・オートコンプリート登録をお進めします

ソニーストア 2017-2-25 8:30予約販売開始
リンク:ソニーストア PlayStation VR 特設ページ(SonyID要)
http://www.sony.jp/playstation/psvr/?s_tc=aff_999_0_10_51141&utm_medium=aff&utm_source=001
main

省略されました・・全てを読むにはここを押してください

このエントリーを含むはてなブックマーク
1: ◆DARIUS.ei. DARIUS ★\(^o^)/ 2017/02/06(月) 18:35:24.20 ID:CAP_USER
任天堂が開発する新型ゲーム機「Nintendo Switch」がVRに対応するという噂は、
Switchの発表時からまことしやかに囁かれてきたものである。
この噂が現実のものになろうとしているのかもしれない。
Nikkei Asian Reviewに掲載されたインタビューの中で、
任天堂社長の君島達巳がSwitchとVRについて語った。

時期は不明だが、「VRを長時間利用することの問題(VR酔いのことか?
子供の目の成長に影響がある可能性があるからか?)が解決されれば」という条件付きで
何らかの形でVRに対応すると答えている。この発言は驚くようなものではない。
これまでにも、任天堂が将来的なVR対応を否定したことはないからだ。

過去には、アメリカNintendoの社長は「VRが主流となるまではサポートしない」としている。
また、ゼルダやマリオといった人気シリーズを手がけたクリエイターの宮本茂も
「子どもたちの保護者が安心できるようになるまでVRコンテンツを提供しない」と答えている。
ヘッドセットによるVRを子どもたちが(長時間)利用した場合の影響が明らかになるまでは、
任天堂のVR対応は期待しにくい。

こうした発言を除いても、SwitchのVR対応は根も葉もない噂というわけではない。
単に「VRが流行しているから任天堂も対応するだろう」という予想ではなく、根拠のある憶測だった。

大きなポイントとしては、任天堂が出願した特許書類の中にヘッドセットらしき図が掲載されたことが挙げられる。
実際、あの図に描かれたものがヘッドセットでないと主張するのはかなり難しいだろう。

そう考えれば、SwitchがVRに対応する可能性について前々から指摘されてきたのは何もおかしなことではない。
今回の君島の発言によって、あれがヘッドセットであることが半ば裏付けられたと言ってもよいだろう。

ここで気になるのは、「長時間VRを利用することによる問題」が何を指しているのか、ということである。
おそらくVR酔いのことではないかと思われるが、任天堂が独自に開発しているVR技術に
まだ解決できない問題が残されている可能性もある。

また、Switch本体の発売までそう時間がないのも事実だ。
今から問題を解決するのは簡単ではないと思われる。
VR対応の時期を明らかにしていないことから想像されるのは、
SwitchにVR対応の余地を残す方法ではないだろうか。

任天堂の新型ゲーム機は、VR対応を謳わなくても売れるはずだ。
性能の面で余裕を持たせておき、
将来的にVRを取り入れて販売を後押しするというのはありそうな話である。

既に発表されているジャイロや加速度センサー搭載のおかげで、
Switch本体だけでもモバイルVR程度の体験は提供できるだろう。
専用ヘッドセットや外部センサーが用意されれば、
ルームスケールのVRに対応することもできるはずだ。

ソフトウェア面(あるいはヘッドセットのプロトタイプ?)を改善することでSwitchでのVR体験が高品質になれば、
対応コンテンツが発売されるのかもしれない。

2/3 | VR Inside
http://vrinside.jp/news/nintendoswitch/
Tatsumi-Kimishima-nintendo-1024x683

省略されました・・全てを読むにはここを押してください

このエントリーを含むはてなブックマーク
1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/02/06(月) 15:28:20.91 ID:+qo4QS8g0
西岡美道@電撃PlayStation@moo_DENGEKI

コーエーテクモのVR筐体「VR SENSE」はPSVRが使われてます。
今夏発売予定、価格未定。
風、温冷、香り機能など付。
タイトルはG1 JOCKEY、真・三國無双など発表。
PS4タイトルがこのマシン用にカスタマイズされて遊べたりしたらいいなぁ。JAEPOでは3台出展。
#PSVR
C39btjfVYAALJpC

C39bu7oUcAE9LBm

C39bvtMVYAA8nEx

省略されました・・全てを読むにはここを押してください

このエントリーを含むはてなブックマーク
2c9fdc1ffdc4f5f5e4460721dd39f221
1: 取り分 ★@
\(^o^)/ 2017/02/03(金) 09:44:31.18 ID:CAP_USER9
作品数・会員数NO.1の映像配信サービスdTVは、昨年来の注目トレンド"VR(ヴァーチャルリアリティ)"の配信を強化。『ウォーキング・デッド』のVR作品を日本初公開するほか、話題作とコラボした注目作を順次配信することに! さらに、全国のドコモショップで、dTVオリジナルVRスコープを60万個無料配布する会員向けの大規模キャンペーンを開催。

VR配信の目玉コンテンツとなるのは、世界中で大ヒットしている『ウォーキング・デッド』シリーズ初の『FOX ウォーキング・デッドVR ver.』(http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0003434)。ウォーカーと呼ばれるゾンビの大群に取り囲まれるような感覚が味わえ、ウォーカーが人を喰らいつくす模様を超至近距離で見られる2作品。思わず目を背けたくなるほどの臨場感溢れるVR映像では通常版では決して味わえない興奮を体感できること間違いなしだ。

さらに、dTVでは、より多くの会員が最先端技術を駆使した迫力満点のVR体験を気軽に楽しめるよう、かつてない異例の大規模キャンペーンを実施。全国のドコモショップで、dTVの公式キャラクターであるナマケモノをモチーフにした"メンドーサさん"がプリントされたオリジナルVRスコープを先着で60万個会員向けに無料配布。また、ドコモスマートフォンラウンジ名古屋に、期間限定のVR体験ラウンジをオープン。本ラウンジは『ウォーキング・デッド』とコラボレーションして、同作の舞台をモチーフにしたフォトブースをはじめ、精巧なゾンビフィギュアや名シーンのパネル展示などファンにはたまらない演出が満載! 開催期間は2月4日(土)~19日(日)まで。

■『ウォーキング・デッド』シーズン7後半 配信情報
【配信日】2017年2月13日(月)21:00 dTV FOXチャンネル内でスタート
【特設サイト】http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0003434

(海外ドラマNAVI)

ソース
http://dramanavi.net/news/2017/02/vrdtvvr.php

省略されました・・全てを読むにはここを押してください

このエントリーを含むはてなブックマーク
170125b

1: 名無しさん必死だな@\(^o^)/ 2017/01/27(金) 10:27:48.37 ID:qY03YpGX0
やっぱり歴代キャラが出てドンパチTPSが求められてたんだな

5 400万
http://www.capcom.co.jp/ir/news/html/090316.html
6 450万
http://www.capcom.co.jp/ir/news/html/121004.html
7 250万
http://www.capcom.co.jp/ir/news/html/170127.html

『バイオハザード7 レジデント イービル』が全世界で250万本を出荷!
~ 新境地のホラーエンターテインメントが高評価、当社旗艦タイトルが順調な出足 ~


株式会社カプコンは、「バイオハザード」シリーズの最新作であるプレイステーション®4、Xbox OneおよびWindows PC向けゲーム『バイオハザード7 レジデント イービル』(以下『バイオハザード7』)が、全世界で250万本を出荷しましたのでお知らせいたします。

「バイオハザード」シリーズは、武器やアイテムを駆使し脱出を試みるサバイバルホラーゲームです。1996年の第1作発売以降、シリーズ累計販売本数7,500万本(2017年1月27日時点)を超える当社の代表的なコンテンツであり、登場から20年以上経過した今なお、世界中から熱狂的な支持を得ています。

『バイオハザード7』は、シリーズのルーツである「恐怖」をメインコンセプトとし、ホラー性の深化を追求した最新作で、PlayStation®VRにも完全対応したタイトルです。圧倒的な没入感溢れる恐怖体験を提供するため、従来の三人称視点から一人称視点へゲームシステムを革新したほか、当社独自に開発した最新のゲームエンジン「RE ENGINE」により、ハードスペックを最大限に引き出しています。その結果、体験版のダウンロード数が全世界で715万を突破しシリーズ最高を記録するなど発売前から高い注目を集め、全世界で250万本を販売いたしました。

また、「バイオハザード」ブランドとして、ハリウッド映画の最新作「バイオハザード:ザ・ファイナル」が日本で2016年12月23日に公開を迎えシリーズ最高のオープニング成績となり、全世界では本日から公開されています。加えて、フルCG長編映画「バイオハザード:ヴェンデッタ」が2017年5月に全世界で公開が予定されるなど、ゲームの枠を超えた展開を積極的に推進してまいります。

当社はこれからも、卓越したゲーム開発力を遺憾なく発揮し、オリジナリティ溢れるゲームタイトルを創造し続け、ユーザーの皆様のご期待に応えてまいります。

http://www.capcom.co.jp/ir/news/html/170127.html


2: 名無しさん必死だな@\(^o^)/ 2017/01/27(金) 10:28:29.51 ID:E9Wi8ojKd
これバイオって名前だけど別物だからな

3: 名無しさん必死だな@\(^o^)/ 2017/01/27(金) 10:29:31.08 ID:XEhTry3Dd
目標が400万本ですし


省略されました・・全てを読むにはここを押してください

このページのトップヘ