タグ:PSVR

このエントリーを含むはてなブックマーク
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/09(月) 19:57:33.627 ID:02vG32QX0
カメラは主観
想像してほしい、ドラクエ11が主観視点のRPGになったら
カミュやベロニカが自分に向かって話しかけてくれる
これだけで仲間感が増し没入感が半端じゃなくなる

省略されました・・全てを読むにはここを押してください

このエントリーを含むはてなブックマーク
1: 名無しさん必死だな@\(^o^)/  2017/09/07(木) 17:40:05.80 ID:2n0FO3000
れんか? @Renka_schedule 7 分7 分前
返信先: @Renka_scheduleさん

PS4「しあわせ荘の管理人さん。」PSVR非対応に変更?

以前は、VR対応・VRがなくても遊べます・・・など書かれていました。
DJG0RV4VAAAJQOb

ttps://www.d3p.co.jp/HappyManager/


れんか @Renka_schedule 4分前
返信先: @Renka_scheduleさん
D3P公式サイトの製品情報からもVRの表記が無くなっているのを確認
DJG3aDHUEAAzI-r

省略されました・・全てを読むにはここを押してください

このエントリーを含むはてなブックマーク
gQR-D
1: 名無しさん必死だな@\(^o^)/ 2017/07/22(土) 17:19:58.07 ID:UvLRXklDa
・PS VR向けタイトル「ONE PIECE GRAND CRUISE」を東京タワーで先行体験。

プレイが始まると,そこはサウザンドサニー号の甲板で,ルフィをはじめとした麦わらの
一味が登場し,プレイヤーに話しかけてくる。その後,選択肢によって「ナミの部屋」ま
たは「キッチン」へと移動し,それぞれのキャラクターとのコミュニケーションが楽しめ
るのだ。
再び甲板へ戻ると,今度は海軍の軍艦がサウザンドサニー号に攻撃を仕掛けてくる。
ここからは,シューティングゲームだ。8人のプレイヤー全員が甲板に集合して,
それぞれに与えられた大砲を使って,飛んでくる大砲の弾を撃ち落とことが目的になる。
撃ちもらしてもゲームオーバーになることはないが,うまく当てられれば得点がもらえ,
最後に,左右に分かれた4人ずつのチームの合計点を競う演出になっている。
大砲の弾に混じって飛んでくる肉やツボを破壊すると得点が高いようだ。
体験としては後半のシューティングがメインになるが,甲板で待機しているときなど,
特定のキャラクターやオブジェクトを注視すると何かしらの反応が返ってくることがある
。こうした,細かい部分を探してみるのも楽しい。
http://www.4gamer.net/games/388/G038806/20170722002/

公式
http://onepiecevr.bn-ent.net

省略されました・・全てを読むにはここを押してください

このエントリーを含むはてなブックマーク
1: ノチラ ★ 2017/06/08(木) 13:44:43.50 ID:CAP_USER
[東京 7日 ロイター] - ソニー<6758.T>傘下で家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)」事業を手掛けるソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)ジャパンアジアプレジデントの盛田厚氏は7日、ロイターのインタビューに応じ、将来的にはこれまでテレビが担っていた役割を全てPSVR(仮想現実)で体験できるようにするのが我々の目標だと販売拡大に意欲を示した。

PSVRは仮想現実の世界を家庭で楽しめるゴーグル型端末。ヘッドセットをかぶると周囲360度に立体的な空間が出現、ゲームの世界に本当に入り込んでいるかのような臨場感を味わえる。

昨年10月の発売以降、品薄状態が続いたが、2月に増産を開始。全世界の販売台数は100万台を突破した。

盛田氏は「想定していた以上に売れたので、供給が追いつかなかったという申し訳ない状況になってしまったが、生産体制はすでに増強しているので、(品不足は)順次解消していくはずだ」と語った。

生産体制の強化に伴い、日本国内での取り扱い店舗も232店から394店に拡大する。

コンテンツも強化していく。PSVR向けのゲームはすでに100以上のタイトルが発売されているが、今後はゲーム以外のコンテンツも積極的に投入していく方針だ。

盛田氏は「我々だけでは考え付かないようなアイデアが色々な業界にあると思うので、それをできるだけ吸い上げ、サポートしたい」と述べ、BtoB(企業間取引)も含めた市場開拓に意欲を示した。

BtoBではすでに、コニカミノルタ<4902.T>が東京スカイツリータウンなどで提供を予定している集団体験型VRサービスに技術供与した実績を持っている。

盛田氏はPSVRの可能性について「『どこでもドア』で宇宙へ行くとか、『タイムマシン』で過去へ戻るという体験ができるのがVRだ」と指摘。「これまでテレビが家庭における映像体験だったが、いよいよその(映像の)中に入って行ける。テレビ登場以来のイノベーションであり、テレビが全てPSVRになっていくことが我々が目指すところだ」と述べ、100万台は通過点に過ぎないとの認識を示した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170607-00000076-reut-bus_all
c2201c5f413cb300fb3d3678e4038425

省略されました・・全てを読むにはここを押してください

このページのトップヘ