タグ:対応

このエントリーを含むはてなブックマーク
1: ◆DARIUS.ei. DARIUS ★\(^o^)/ 2017/02/06(月) 18:35:24.20 ID:CAP_USER
任天堂が開発する新型ゲーム機「Nintendo Switch」がVRに対応するという噂は、
Switchの発表時からまことしやかに囁かれてきたものである。
この噂が現実のものになろうとしているのかもしれない。
Nikkei Asian Reviewに掲載されたインタビューの中で、
任天堂社長の君島達巳がSwitchとVRについて語った。

時期は不明だが、「VRを長時間利用することの問題(VR酔いのことか?
子供の目の成長に影響がある可能性があるからか?)が解決されれば」という条件付きで
何らかの形でVRに対応すると答えている。この発言は驚くようなものではない。
これまでにも、任天堂が将来的なVR対応を否定したことはないからだ。

過去には、アメリカNintendoの社長は「VRが主流となるまではサポートしない」としている。
また、ゼルダやマリオといった人気シリーズを手がけたクリエイターの宮本茂も
「子どもたちの保護者が安心できるようになるまでVRコンテンツを提供しない」と答えている。
ヘッドセットによるVRを子どもたちが(長時間)利用した場合の影響が明らかになるまでは、
任天堂のVR対応は期待しにくい。

こうした発言を除いても、SwitchのVR対応は根も葉もない噂というわけではない。
単に「VRが流行しているから任天堂も対応するだろう」という予想ではなく、根拠のある憶測だった。

大きなポイントとしては、任天堂が出願した特許書類の中にヘッドセットらしき図が掲載されたことが挙げられる。
実際、あの図に描かれたものがヘッドセットでないと主張するのはかなり難しいだろう。

そう考えれば、SwitchがVRに対応する可能性について前々から指摘されてきたのは何もおかしなことではない。
今回の君島の発言によって、あれがヘッドセットであることが半ば裏付けられたと言ってもよいだろう。

ここで気になるのは、「長時間VRを利用することによる問題」が何を指しているのか、ということである。
おそらくVR酔いのことではないかと思われるが、任天堂が独自に開発しているVR技術に
まだ解決できない問題が残されている可能性もある。

また、Switch本体の発売までそう時間がないのも事実だ。
今から問題を解決するのは簡単ではないと思われる。
VR対応の時期を明らかにしていないことから想像されるのは、
SwitchにVR対応の余地を残す方法ではないだろうか。

任天堂の新型ゲーム機は、VR対応を謳わなくても売れるはずだ。
性能の面で余裕を持たせておき、
将来的にVRを取り入れて販売を後押しするというのはありそうな話である。

既に発表されているジャイロや加速度センサー搭載のおかげで、
Switch本体だけでもモバイルVR程度の体験は提供できるだろう。
専用ヘッドセットや外部センサーが用意されれば、
ルームスケールのVRに対応することもできるはずだ。

ソフトウェア面(あるいはヘッドセットのプロトタイプ?)を改善することでSwitchでのVR体験が高品質になれば、
対応コンテンツが発売されるのかもしれない。

2/3 | VR Inside
http://vrinside.jp/news/nintendoswitch/
Tatsumi-Kimishima-nintendo-1024x683

省略されました・・全てを読むにはここを押してください

このエントリーを含むはてなブックマーク
1: 海江田三郎 ★ 2017/01/18(水) 23:03:07.18 ID:CAP_USER
http://japanese.engadget.com/2017/01/17/vr-psvr-vive-oculus-vaqso-vr/
あ

VRスタートアップのVAQSO(バクソー)は、VRコンテンツに連動して「匂い」を出せるデバイス「VAQSO VR」の開発を発表しました。
市販のVRゴーグルに外付けできる小型な筐体が特徴。現在は開発中で、B2B・B2C向けに年内の発売を目指します。

匂いが出るタイミング、VRコンテンツと完全同期
「VAQSO VR」は、PlayStation VRやHTC Vive、Oculus Riftといった市販のVRヘッドセットにマグネットで固定できる、
匂いVRデバイスです。サイズはお菓子のスニッカーズ程度。完全ワイヤレスな点も売りで、VRマシンとはBluetooth LEを使って連携します。
匂いが出るタイミングは、VRコンテンツと完全に同期できます。例えば「銃を撃って何秒後に火薬の匂いが出るか」といったことも、
開発者が自由にプログラミングできます。年内の発売を予定する製品版では、1台のVAQSO VRに5?10種類の匂いを搭載することが目標。
カートリッジで自由に交換でき、1度交換すると香りは一般的なプレイ環境において1ヵ月以上持続するとしています。
VR匂いデバイスの競合としては、「Feelreal」や「Nosulus Rift」などがあります。しかし、Feelrealは頭にかぶるマスク型で筐体が大きい点。
Nosulus Riftは小型なものの、香りが1種類しか出せない点が課題でした。VAQSO VRは小型にも関わらず、
複数の匂いを出すことができる点で、競合製品に比べて優位だと担当者は説明します。


カートリッジ販売で収益化
VAQSO VRは現時点ではプロトタイプ段階。本日より開発者向けキット、およびAPIを公開し、発売は年内を予定します。
当初はB2Bを軸足を置くものの、B2C向け販売にも注力。ビジネスモデルに関しては、VAQSO VR本体よりも、
匂いカートリッジの販売による収益化を想定します。

(以下略)

省略されました・・全てを読むにはここを押してください

このページのトップヘ