タグ:スマホ

このエントリーを含むはてなブックマーク
1: リキラリアット(茸)@\(^o^)/ ©2ch.net [ニダ] 2016/10/10(月) 18:14:46.21 ID:TXkxODCB0 BE:582792952-PLT(12000) ポイント特典
グーグルが発表した「デイドリーム(Daydream)」は、VRの未来図と呼ぶにふさわしいプラットフォームだ。

デイドリームは、グーグルが開発した「カードボード(Cardboard)」プラットフォームの進化版だ。
デイドリームに対応するスマートフォンは、グーグルが新たに発売する「Pixel」が最初となるが、今後は対応機種が増える予定だ。

10月4日、サンフランシスコで行われたイベントでは、VRヘッドセット「 デイドリーム・ビュー(Daydream View)」も合わせて発表された。
スマートフォンを差し込めばワイヤレスでヘットセットに接続し、付属のワイヤレスコントローラで操作することができる。また、装着感は、従来のVRヘッドセットに比べて格段に快適だという。

デイドリーム・ビューの最大の特徴は、PC向けヘッドマウントディスプレイのように、端末にケーブルを接続せずに高品質なVR体験を楽しむことができる点だ。
スマートフォンとヘッドセットを接続するケーブルも不要で、これまでのようにケーブルが邪魔になることが一切ない。

低価格でプレステVRに対抗
デイドリーム・ビューの発売開始は11月で、価格は79ドル(約8,000円)と競合製品に比べて格段に安い。
ソニーのプレイステーションVRとの価格差は300ドル以上、オキュラスリフトとは500ドル以上、HTC Viveとは700ドル以上となっている。

デイドリーム対応スマートフォンのPixelを購入すると、追加で649ドルの支出となるが、端末代は分割払いが多いためそれほど大きな負担にはならない。
より安価な対応機種が増えれば、購入者は一気に増加するだろう。
(続きはソースで)

http://forbesjapan.com/articles/detail/13860

4: 頭突き(家)@\(^o^)/ [US] 2016/10/10(月) 18:16:17.08 ID:danK/Ej00
プラットフォームよりコンテンツのほうが大事

5: TEKKAMAKI(禿)@\(^o^)/ [ニダ] 2016/10/10(月) 18:16:39.08 ID:4utD+tAa0
日本での販売価格:58,000円

6: スリーパーホールド(茨城県)@\(^o^)/ [US] 2016/10/10(月) 18:16:42.59 ID:qaTmDhlX0
いきなり価格破壊かよ


省略されました・・全てを読むにはここを押してください

このエントリーを含むはてなブックマーク
1: Sunset Shimmer ★ 2016/10/05(水) 02:01:02.91 ID:CAP_USER9
関口 聖2016年10月5日 01:46

米グーグルは、スマートフォンの新機種「Pixel」を発表した。グーグル自身が初めて開発した機種とされ、AI技術を用いた「Google Assistant」(グーグルアシスタント)を初めて搭載するモデルとなる。
5.5インチディスプレイのモデルと、5インチモデルの2種類が用意される。米国での価格は649ドル。
01

4日(現地時間)に米国で開催された発表会では、音声でAIと会話しながら操作する場面などが紹介された。また特徴のひとつは、12.3メガピクセルカメラで、HDR Plus機能や動画撮影時の手ぶれ防止機能などが利用できる。

グーグルのVRプラットフォーム「Daydream」もサポートする。

チップセットはSnapdragon 821(2.15GHz×2、1.6GHz×2)で、メモリ(RAM)は4GB。ストレージ(ROM)容量の異なる32GBモデルと、128GBモデルが用意される。バッテリー容量は、5インチモデルが2770mAh、5.5インチモデルが3450mAh。


引用元: http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1023320.html

18: 名無しさん@1周年 2016/10/05(水) 02:20:46.29 ID:fe7rJ+Lm0
>>1
> 米国での価格は649ドル。
高いな。2~3万円くらいかと思った。 中身はサムスン?

21: 名無しさん@1周年 2016/10/05(水) 02:28:20.91 ID:jQTRYItZ0
>>18
649ドルかあ
日本だと79800くらいかな


省略されました・・全てを読むにはここを押してください

このエントリーを含むはてなブックマーク
1: 名無しさん必死だな@\(^o^)/ 2016/07/11(月) 10:56:26.90 ID:i/0kEOcG0


ポケモンGOとは
『Pokémon GO』は、位置情報を活用することにより、現実世界そのものを舞台として、ポケモンを捕まえたり、交換したり、バトルしたりするといった体験をすることのできるゲームです

公式サイト:http://www.pokemon.co.jp/ex/PokemonGO/

3: 名無しさん必死だな@@\(^o^)/ 2016/07/11(月) 10:58:38.25 0
地球の人口を超えるから

4: 名無しさん必死だな@\(^o^)/ 2016/07/11(月) 10:59:29.01 ID:D7lYDkmSd
これにさらにポケモン交換実装を控えてるからな
ブーム恐ろしいわ


省略されました・・全てを読むにはここを押してください

  • カテゴリ:
このエントリーを含むはてなブックマーク
1: リサとギャスパール ★ 2016/06/10(金) 23:51:35.57 ID:CAP_USER9
 中国の聯想集団(レノボ)は9日、米サンフランシスコ市内でイベントを開き、
米検索最大手グーグルが開発したAR(拡張現実)やVR(仮想現実)の技術に対応したスマートフォン「Phab2 Pro(ファブ2プロ)」を発表した。
日本での発売も検討しているという。

 グーグルは約3年前から、スマホなどで3D空間を認識するソフトの土台となる技術「タンゴ」を開発してきた。
「ファブ2プロ」は、グーグルの「タンゴ」を使った初めてのスマホ。
3Dカメラを使い、スマホの画面を指で触って点をつなぐことで、目の前の空間の大きさを測ったり、3D映像を重ねて見たりすることができる。

 まずは博物館や住宅リフォームや家電を扱うチェーン店などとアプリを開発。
目の前に動く恐竜の3D映像を重ねて大きさを体感できる教育用アプリや、部屋の床の色を変えたり、家具を配置してみたりできるアプリなどを紹介した。
今後、さまざまな使い方が登場しそうだ。

 「ファブ2プロ」は今年9月から米国などで販売を始める。米国での価格は499ドル(約5万3400円)。

  AS20160610000721_comm

AR・VR対応スマホは、空間上に恐竜を映し出し、その大きさを体感することもできる
  AS20160610000720_comm

AR・VR対応スマホは、家具やテーブルなどの商品を選び、空間上に置いてみることもできる
  AS20160610000719_comm

AR・VR対応スマホは、3Dカメラで目の前の空間の大きさや奥行きなどを測ることもできる

http://www.asahi.com/articles/ASJ6B2RPKJ6BUHBI00H.html
2016年6月10日22時45分

省略されました・・全てを読むにはここを押してください

このページのトップヘ