2017年08月

  • カテゴリ:
このエントリーを含むはてなブックマーク
1: みつを ★ 2017/08/28(月) 19:49:34.13 ID:CAP_USER9
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170828/k10011115931000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003

首都圏で新築マンションの販売が堅調な中、不動産会社の間ではVR=バーチャル・リアリティの技術を駆使して物件の魅力を売り込もうという動きが広がっています。

このうち、大手の不動産会社、野村不動産が、東京・江東区に建築中のマンションはまだ基礎部分の工事の段階ですが、VRなどの技術を使った特殊なゴーグルをかけて工事現場を見ると、完成後の15階建てのマンションが浮かび上がって見えてきます。

部屋の高さや周辺の建物との位置関係などを視覚的に確認できるため好評だということで、週末には多くの家族連れなどが工事現場に足を運んでいるということです。
また、別のゴーグルを使えばエントランスのようすや上層階からの景色も眺めることができ、部屋を購入したあとの暮らしをイメージしやすくしているということです。

一方、東京・港区に本社がある不動産会社は、リフォームを計画している練馬区にある物件を売り込もうとVRの技術を活用しています。まだ、リフォームがされる前の物件でも、特殊なゴーグルを通して見るとリフォーム後の部屋の様子を確認できるほか、壁紙の色などを好みに応じて変えて見ることもできるということです。

不動産会社、コスモスイニシア池袋営業所の河本沙弥加所長は「間取りの図面だけではイメージが沸きづらいという声が多くあった。VRを使って事前に部屋の様子を見てもらって納得して購入してもらいたい」と話していました。

8月28日 18時46分
fccb26a55d8487ec11018d1cfbecd37d

省略されました・・全てを読むにはここを押してください

  • カテゴリ:
このエントリーを含むはてなブックマーク
1: 名無しさん必死だな@\(^o^)/ 2017/08/20(日) 20:50:34.63 ID:ZuFSI/D50
最新VR体験施設「VR ZONE Portal」を国内外に20店舗以上展開。VR ZONE小型版

 バンダイナムコエンターテインメントはVRアクティビティを体験できる「VR ZONE Portal」を国内外の20店舗以上に順次展開すると発表した。
海外1号店として8月21日にロンドンに出店するほか、国内1号店として9月20日に神戸にオープンする。

 最新のVRコンテンツなどが楽しめる“超現実エンターテインメント施設”として、旗艦店の「VR ZONE Shinjuku」を東京・
新宿に7月14日にオープン。その小型店舗として、世界各地にVR ZONE Portalを展開する。地域特性に合わせて2~4種類の
VRアクティビティを用意する。

 国内ではナムコが運営するアミューズメント施設内に併設。海外ではショッピングモールやボーリング場などのエンターテインメント施設
との提携を計画している。神戸店はnamcoイオンモール神戸南店内に9月20日オープン、ロンドンはHollywood Bowl at The O2内に8月21日に開設する。

 バンダイナムコエンターテインメントでは、次世代エンターテインメント体験施設として、今期中にVR Zone Portalを国内外で
20店舗以上展開。「VR技術とアミューズメントビジネスを融合した事業拡大を目指す」としている。
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1076158.html
vr1_s

省略されました・・全てを読むにはここを押してください

  • カテゴリ:
このエントリーを含むはてなブックマーク
1: 名無しさん必死だな@\(^o^)/ 2017/08/02(水) 16:01:59.70 ID:0tj6tEbsd
コロプラ<3668>は、本日(8月2日)、第3四半期累計(16年10月~17年6月)の連結決算を発表し、売上高382億円(前年同期比40.8%減)、
営業利益98億円(同61.6%減)、経常利益100億円(同60.0%減)、最終利益64億円(同56.3%減)だった。
大幅な減収減益となったが、主力のスマートフォンゲームの課金売上が減少したことが主な要因とみられる。

同社では、4~6月においては、韓国向けに『ドラゴンプロジェクト』、国内向けに『プロ野球バーサス』の配信を開始した。
また『クイズRPG魔法使いと黒猫のウィズ』や『白猫プロジェクト』といった既存ゲームは、
TVCMやオンライン動画プラットフォームにおけるプロモーション、コラボカフェなどのリアルイベントを実施することで
ユーザのエンゲージメントを高めるサービス運用をしてきたという。

このほか、VRコンテンツでは、PlayStation VR向けに『Fly to KUMA』『STEEL COMBAT』『VR Tennis Online』、
Oculus Rift向けに『Dig 4 Destruction』『Fly to KUMA MAKER』『COLOPL VR GARAGE』『TITAN SLAYER』、HTCVive向けに『TITAN SLAYER』の配信を開始した。

売上・営業利益推移
14990810455981700cbcd320011-1501655056

省略されました・・全てを読むにはここを押してください

このページのトップヘ