• カテゴリ:
このエントリーを含むはてなブックマーク
1: 名無しさん必死だな@\(^o^)/ 2017/06/02(金) 14:27:55.51 ID:cmf7JrF/0
コンシューマゲームなんて完全に飽きられてオワコンだろ。
新しい衝撃や刺激がないんだよね。
俺も買ったゲームをプレイせずぶん投げるようになったし、
ソフト代も無駄になるばかり、
それなら金を貯めてVRを揃えたほうが良い。

これからは臨場感のあるVRの時代になる。
今までVRは高かったけどもうすぐ価格の安い手頃なマイクロソフトの
VRヘッドセットが揃うし、これからコンテンツも揃ってくる。
VRはこのまま発展していけば非常に贅沢な体験ができるようになる。
VRヘッドセットを被り、ニューカレドニアのウベア島の景色を映し出し、
そこで自然の波の音を聞きながら寝そべるなんてこともできるようになる。
先が見えない原始人だけがVRは流行らないとか言ってる。

俺はVRに贅沢に金をかけて贅沢な体験を毎日するつもり。
VRがガキの遊びじゃない。大人の高級な趣味になる。

とりあえず、俺は最近発表されたASUSのVRヘッドセットを買うつもり。

続きを読む

このエントリーを含むはてなブックマーク
1: ののの ★ 2017/05/30(火) 00:09:29.20 ID:CAP_USER9
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO17042970Z20C17A5TI1000/

2017/5/29 23:39日本経済新聞 電子版

 シャープと米グーグルが仮想現実(VR)の世界を楽しめる端末向けの新たな液晶ディスプレーを共同開発していることが29日わかった。ゲームなどで使うVRには、スマートフォン(スマホ)向けの液晶などよりも、より動きが速く解像度が高い映像への対応が求められる。今後、映像表示の応答速度などを高める技術の開発を両社で進めていく考えだ。

 米カリフォルニア州で26日まで開かれていたディスプレーの学会「SID」で、…

続きを読む

このエントリーを含むはてなブックマーク
1: ののの ★ 2017/05/29(月) 20:27:54.06 ID:CAP_USER9
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1705/29/news133.html

「クラブセガ秋葉原新館」に、5月31日からVR施設が登場。第1弾として、歩けるシューティングVR「MORTAL BLiTZ」を提供する。

[村上万純,ITmedia]

 セガエンタテインメントは5月29日、「クラブセガ秋葉原新館」(東京・秋葉原)の6階で、VR(仮想現実)を楽しめる「SEGA VR AREA AKIHABARA」を31日にオープンすると発表した。第1弾として、韓国SKONECが開発したVRウォーキングアトラクション「MORTAL BLiTZ FOR WALKING ATTRACTION」(モータルブリッツフォーウォーキングアトラクション、以下MORTAL BLiTZ)を提供する。プレス向け先行体験会でさっそく撃ってきた。

1

「歩けるシューティングVR」を体験
2

「クラブセガ秋葉原新館」の6Fに「SEGA VR AREA AKIHABARA」を新設する

https://youtu.be/5GNTjVmxkr4



 MORTAL BLiTZは、海外で人気のFPS(ファーストパーソンシューティング)ゲームで、VR映像とリンクした現実空間を歩き回りながら、次々と現れるモンスターを撃ち倒していくもの。結論から言うと、あまりにリアルな映像で手汗をじっとりかいてしまった(主に高所恐怖症によるもの)。

3

韓国スコネックが開発したVRウオーキングアトラクション「MORTAL BLiTZ FOR WALKING ATTRACTION」(モータル ブリッツ フォー ウオーキング アトラクション)
 プレイ前に、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)、ヘッドフォン、グローブ、銃型の専用コントローラーを装備し、HMDと接続したバックパックPC(重さ5キロ!)を背負って準備完了。HMD、グローブ、コントローラーにはそれぞれ赤外線マーカーが付いており、天井にある複数のセンサーカメラで各マーカーの位置情報を読み取り、プレイに反映させている。

4
5

銃型の専用コントローラー(左)。バックパックPCは重さ5kg(右)
 リアルな映像と、臨場感のある効果音、コントローラーからくる振動などが混ざり合い、実際に「VR空間内を探索し、敵を狙撃し、倒している」という確かな感覚がある。モンスターのリアルさもそうだが、「高所を歩く体験」がとにかくリアルだった。

6
7
 
この装備でプレイする(左)。バックパックPCを背負ってプレイする(右)
 高所恐怖症にとってつらいシチュエーションが多々あり、ネタバレになるので詳細は伏せるが、ラストシーンの「高所体験」も思わず額に汗がじわりとにじむほど。

8
細い道を渡るシーンも多い
 次々とモンスターが出てくる演出も臨場感たっぷりで、突然の登場に驚き、思わずのけぞってしまう人も少なくないだろう。ゲームオーバーの概念はないが、最後にプレイ内容に応じてスコアが表示される。ヘッドショット(頭を狙って倒す)でスコアがアップするなど、シューティングゲーム経験者も納得のやりこみ要素を盛り込んでいる。

 基本1人プレイだが、フィールド内では同時に3人までプレイ可能。所々ワープポイントを設けることでプレイヤー同士の物理的な衝突を避けるほか、VR酔いも軽減している。

 セガエンタテインメントの室岡大輔さん(都市営業部セガ秋葉原3号館副館長)は「日本語、英語、韓国語、中国語の4カ国語に対応しており、観光客の多い秋葉原で多くの人に遊んでもらいたい。今後もセガグループとして、新しいVRアトラクションを提供したいと考えている」と説明する。

 プレイ料金は1500円で、プレイ時間は8~15分。1人プレイ専用。13歳未満は利用できない。

9

プレイ後は手汗がじわり(主に高所体験によるもの)。VRエリアのスタッフが「上官」としてプレイ指南をしてくれる
Copyrightc 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読む

このエントリーを含むはてなブックマーク
1: ノチラ ★ 2017/05/28(日) 09:22:49.62 ID:CAP_USER
1

プロ野球パ・リーグのトップを快走する楽天。同球団が今シーズンから本格導入したのがVR(仮想現実)を使った打撃トレーニングシステムだ。具体的にどんな仕組みでどのような効果があるのか。運用の実態に迫った。

 北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手の代名詞となった「時速165kmの剛速球」。このボールは、大谷選手の手を離れてからホームベースに到達するまでに0.4秒もかからない。

 並外れた対応力を持つプロ野球選手であっても、ほとんど見たことがないこのレベルの剛速球を痛打するのは、至難の業だ。まして、初見であったらチャンスは非常に少ない。

 しかし、先端のIT(情報技術)がこの状況を変えようとしている。VR技術を用いたトレーニングシステムの本格的な実用化だ。実際には見たことがないのに、見たことがあるかのイメージを持って打席に立てる。

 東北楽天ゴールデンイーグルスを運営する楽天野球団は2017年シーズンから、NTTデータが開発したプロ野球選手向けのVRトレーニングシステムの本格利用を開始した。試合で対戦する投手の投球を、VR用HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を装着した打者が仮想体験できる。対戦前に球速や球筋、変化球のキレなどを打席からの目線でイメージとしてインプットしておくことで、実戦でのパフォーマンスを高めるのが狙いだ。

 「プロの世界ではもちろん、映像チェックはしている。相手投手のフォームを見たいのであれば、映像で十分だが、映像はバックネット裏から撮影されているので、打席からの目線とは異なる。VRでやる意味はそこにある」(NTTデータ ITサービス・ペイメント事業本部ライフデジタル事業部eライフ統括部eライフ営業担当課長代理の馬庭亮太氏)。

 楽天野球団は2016年シーズンに同システムを実験的に導入。1軍のメンバーはコーチも含めて全員が体感し、そこで要望を吸い上げて改良を重ねた。その結果、プロ野球選手が実戦に役立てることが可能なシステムであると判断し、本格導入に踏み切った。

 1軍では昨シーズンから今江年晶選手や銀次選手が同システムを活用しているが、今シーズンからはより多くの選手が利用している。このほか、2軍選手の練習での活用も検討している。1軍と2軍の投手では、スキルに大きな差がある。2軍選手に1軍の投手の球をVRで“体感”させることで、1軍に昇格した際に対応する時間を短縮する効果が期待できる。
2

■メジャーリーグで市場開拓に挑戦
NTTデータは現在、VRトレーニングシステムの顧客開拓に力を入れている。主なターゲットはメジャーリーグだ。メジャーリーグは球団数が30もあり、日本のプロ野球(NPB)の12と比べると市場規模が大きい上、データ活用も進んでいる。「メジャーリーグでも2017年からVRトレーニングシステムの導入が本格化する。そこに入り込みたい」(馬庭氏)。
以下ソース
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO16124390Z00C17A5000000/

続きを読む

このエントリーを含むはてなブックマーク
1: 名無しさん必死だな@\(^o^)/ 2017/05/24(水) 16:57:48.16 ID:8/c/wZJ3d
ガンコントローラーで遊ぶPSVR向け『Farpoint』 英のゲーム販売ランキングで2位に
http://www.moguravr.com/fairpoint-psvr-uk-games-sales-charts/

イギリスでのゲーム販売チャートUkieによると、イギリスにて『Farpoint』が週間販売チャートで2番目に売れているゲームであることがわかりました。
チャートに載っている他のゲームではPS4やXbox One、PC、3DSなど複数のプラットフォームから発売されているものが多い一方、
『Farpoint』はPSVRのみで販売されており、今後ガンコントローラーを使うゲームにとっても今回の週間チャート結果は大きな参考になります。


http://ukie.org.uk/news/2017/05/debut-no1-sets-warners-injustice-2-super-start

1 INJUSTICE 2
2 FARPOINT
3 GRAND THEFT AUTO V
4 PREY
5 FIRE EMBLEM ECHOES: SHADOWS OF VALENTIA

続きを読む

このエントリーを含むはてなブックマーク
Sony_PS4_35618167_01
105: 名無しさん必死だな@\(^o^)/ 2017/05/14(日) 14:06:41.57 ID:W3ypnTsL0
ソフトの価格がおま国でつらい

113: 名無しさん必死だな@\(^o^)/ 2017/05/14(日) 14:41:30.84 ID:J3lhLFl30
PSNの表示バグ
本体がひし形なせいでHDMIケーブルを突っ込みにくい
コントローラーの光が邪魔
タッチパッドが小さすぎて文字入力が困難

続きを読む

このエントリーを含むはてなブックマーク
psvr-total-30-million-ps4-sales
1: 名無しさん必死だな@\(^o^)/ 2017/05/22(月) 19:33:54.02 ID:TsgexQ3/0
仮想現実(VR)のブーム到来へ期待は大きかったものの、ヘッドセットの売り上げが伸び悩んでいる。なぜ売れないのかが、問題だ。

 調査会社スーパーデータ・リサーチによれば、VRヘッドセットの販売額は2016年に14億8000万ドル(約1640億円)に達した。
同社は2020年にその額が126億5000万ドルに達すると試算しているが、ゴールはまだまだ遠い。予想販売額は下方修正されたものだが、それでもここまでの伸びを見せるか疑問は残る。

 デジタル・マーケティング調査会社のスライブ・アナリティクスは3月、VRヘッドセットの購入を考えていないと話すインターネット利用者にその理由を聞いている。
調査会社イーマーケターがまとめたその調査結果には、予想通りの答えが並んだ。ヘッドセットの価格が高く、VRコンテンツが少ないことに加え、販売されている製品の質や、「乗り物酔い」になりそうだとの指摘が多いのだ。

 その中でも「単純に興味がない」と答えた人は、最多の約53%に達した。仮想ではない現実は、なかなか厳しい状況だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00012479-wsj-bus_all

続きを読む

このページのトップヘ