このエントリーを含むはてなブックマーク
2
1: ボ ラギノール(神奈川県)@\(^o^)/  [ニダ] 2017/05/01(月) 17:07:29.53 ID:TNXHkBJE0 BE:695656978-PLT(12000) ポイント特典
http://news.livedoor.com/article/detail/13008983/
民進党、大丈夫か? 「VR蓮舫」がネット上で炎上中 「本気で分かってない」「国のためになってんの?」
安倍一強の天敵といえば、なんといっても民進党の蓮舫代表。政権奪還の切り札となるのか、あるものを作った。

 蓮舫代表が迫ってくる様子を体験できる、迫力満点の「VR蓮舫」。GW恒例の一大イベント「ニコニコ超会議2017」のために民進党が制作・出品したバーチャルゲームだ。


 VR蓮舫の体験者は「心臓がドクンドクンときたが、(総理大臣適正)A評価がもらえて嬉しかった」、「国会議員は強いメンタルがないとできないのかなと実感した」と普段はできない体験に利用者は大満足のようだ。

国会でも常に舌鋒鋭く安倍政権に切り込む蓮舫代表。その迫力のためか、このゲームを体験できるのは13歳以上の制限付きで、さらに途中で気分が悪くなったら中断するよう注意書きまである。


 専用のゴーグルとヘッドフォン、さらには心拍センサーをつけたらスタートだ。矢継ぎ早の質問にプレイヤーの心拍が上昇、およそ5分間の追及にいかに冷静でいられるかで「総理大臣適正」が診断される。


 

 しかしネットでは、「民進党、他にやらなきゃいけないことがあるって本気でわかってないんだろうな」「これ国のためになってんの?」との声が上がっている。

 連休明けには安倍総理と国会で直接対決が待っている蓮舫代表、リアルの世界でも任せて大丈夫なのだろうか。


続きを読む

このエントリーを含むはてなブックマーク
1: 名無しさん必死だな@\(^o^)/ 2017/04/30(日) 21:43:43.38 ID:mYMHZmWD0
「カイジVR ~絶望の鉄骨渡り~」発売延期のお知らせ
http://s-sphere.jp/news-kaiji

お客様各位

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

2017年2月に発売を予定しておりました「カイジVR ~絶望の鉄骨渡り~」ですが、
諸般の事情に伴い、発売日を2017年7月に延期させて頂くこととなりました。
お待ち頂いておりますお客様はじめ、関係者様各位にご迷惑をおかけいたしますこと、
心よりお詫び申し上げます。

また正式な発売日、および価格等に関しましては、後日リリースにてお知らせさせて頂きます。

平成29年4月 ソリッドスフィア株式会社

続きを読む

このエントリーを含むはてなブックマーク
1: (^ェ^) ★ 2017/04/22(土) 13:23:38.76 ID:CAP_USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170422-00010004-newswitch-sctch

20170422-00010004-newswitch-000-1-view

赤潮に遭遇して苦しんでいる(電通大提供)

電通大が開発。水族館や博物館での環境教育に

 プランクトンの異常発生で起きる赤潮。海面が赤く染まり、プランクトンがエラに詰まって魚が○んでしまう。養殖業には大ダメージだ。工場や生活排水が原因のため、環境問題として子どもたちに教える際のテーマになりやすいが、科学的な説明はいまひとつ伝わりにくい。そこで魚の気持ちになれば分かりやすいと、エラ呼吸VR(仮想現実)システムが登場した。

 両手に付けたセンサーで腕の動きを認識するとヘッド・マウント・ディスプレー(HMD)の映像が水中を泳いでいるように進む。エラの開閉は頬に貼った粘着式冷却シートを貼ったり、剥がしたりして表現。のどを引っ張り、水がのどを通る感覚を表現した。

 腹囲を計測し、呼吸に合わせて装置を連動させる。息苦しさは呼気弁を閉じて呼吸を妨害して再現する。電気通信大学の野嶋琢也准教授は「体験者の感想は評価が分かれているが、将来は水族館や博物館での環境教育に使いたい」と開発を急ぐ。
(日刊工業新聞連載「発掘!イグ・ノーベル賞」)

<解説>
 呼気弁を閉じすぎて、エラ呼吸できずに苦しんだ学生さんは「ほんとに死んじゃう」と焦ってました。実はエラ呼吸体験VRとほぼ同じシステム構成で口腔リハビリができるそうです。喉を水が通過する嚥下感覚や頬の筋肉の動きなどを引き出すことで、実際にものを食べなくても、咀嚼やのみ込む感覚に似た体験ができます。

 脳卒中などで上手くのみ込めなくなっしまった方のリハビリに良いかもしれません。子どもに赤潮の苦しさを教え、高齢者にのみ込み方の練習に寄り添う。ぱっと見はふざけた研究で人目を惹き付けて、実は奥深い研究だったとのかと考えさせられます。
(日刊工業新聞科学技術部・小寺貴之)

続きを読む

このページのトップヘ