このエントリーを含むはてなブックマーク
index
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/13(木) 10:43:04.327 ID:Zr3i7MenM
脳に電気信号を送ってVRをよりリアルに体験させるシステムが研究開発されてる

ソースは前回のサイエンスZERO

続きを読む

このエントリーを含むはてなブックマーク
index
1: 名無しさん必死だな@\(^o^)/ 2017/04/07(金) 09:22:12.27 ID:zB2S6mRw0
AR/VRヘッドセット世界出荷台数は1010万台、国内は9割がPS VR
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/040607059/
IDC Japanは2017年4月5日、2016年通年のAR(拡張現実)/ VR(仮想現実)ヘッドセットの世界出荷台数は1010万台との調査結果を発表した。また、2016~2021年の年間平均成長率(CAGR)は58%で推移し、2021年には2016年の約10倍となる9940万台に達すると予測している。


Oculusニシ、無事●亡wwwwwwwwwww

続きを読む

このエントリーを含むはてなブックマーク
1: 湛然 ★@\(^o^)/  2017/04/05(水) 05:04:07.92 ID:CAP_USER9
サンケイスポーツ 4/5(水) 5:00


 モデルで女優、武田玲奈(19)が5月1日公開の短編映画「交際記念日」(窪田崇監督)に主演することが4日、分かった。同作は国内外で注目されるVR(仮想現実)技術を駆使した学園ラブストーリーで、風景が360度見渡せたり、出演者の吐息が聞こえるなどリアリティーあふれる世界を実現。恋人とはしゃぐ武田の“彼氏気分”を味わえ、美少女が至近距離にいるドキドキを体感できる!

 日本テレビ系連ドラ「THE LAST COP/ラストコップ」など昨年はドラマ4本、映画4本に出演し、ブレークした新進女優の武田。今度は仮想現実で男性ファンをとりこにする。

 「交際記念日」は最新のVR(仮想現実)技術を駆使した15分の短編映画で、武田演じる主人公が西銘駿(19)扮する恋人と高校生活最後の春を満喫しながら卒業を迎えるまでを描いた学園ラブストーリー。特殊カメラ7台を導入し、上下、水平あらゆる角度から撮影することで、360度見渡せる映像や吐息まで聞こえるほどのリアルな世界を実現させた。

 VR技術を駆使したホラー映画はこれまで製作されてきたが、同作のようにドラマ性を重視した恋愛作品は日本初。米ハリウッドでは、スティーブン・スピルバーグ監督(70)やジェームズ・キャメロン監督(62)ら巨匠たちがVR映画への参加を表明しており、「交際-」は“泣けるVR映画”として国内外のクリエーターからも注目を集めそうだ。

 このほど東京都内での撮影を終えた武田は「とにかくカメラとの距離が近かった。カメラ相手に演じている感じで、私の相手役になった気分を楽しんでもらえると思います」と自信作に胸を張る。

 昨年3月に高校を卒業したばかりで、今作では校内のプールに制服姿で飛び込んだり、放課後のシーンなどを等身大で熱演。「興奮するシーンがあるかは、観てからのお楽しみです」とお茶目にアピールしていた。


・短編映画「交際記念日」に主演する武田玲奈(写真:サンケイスポーツ)
20170405-00000504-sanspo-000-1-view

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170405-00000504-sanspo-movi.view-000
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170405-00000504-sanspo-movi

続きを読む

このエントリーを含むはてなブックマーク
index
1: ラ ケブラーダ(catv?)@
\(^o^)/ [TH] 2017/04/04(火) 14:48:56.33 ID:4a13+lM20 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
英Imagination Technologiesは現地時間2017年4月3日、主要顧客である米Appleから、同社GPUアーキテクチャーの採用打ち切りを通達されたことを明らかにした。

 AppleはImaginationに対し、15カ月から2年以内に、新製品におけるImaginationのGPU関連技術の使用を停止すると告げたという。

 Appleは長年にわたってImaginationのGPUアーキテクチャーを採用してきた。Imaginationの技術および知的財産は「iPhone」のほか「iPad」「iPod」「Apple TV」「Apple Watch」に使われている。

 しかし、Imaginationによると、Appleは「自社製品を管理するため」として、独自GPUの開発に取り組んでおり、将来的にImaginationへの依存度を縮小すると主張している。

 Imaginationは、同社の特許や知的財産、秘密情報を使用することなく独自でGPUを開発できることを証明するようAppleに求めたが、Appleはこれを拒否したという。

 Imaginationは「我々の知的財産権を侵すことなく、まったく新しいGPUアーキテクチャーを設計することは極めて困難」との見解を示し、「Appleの主張は受け入れられない」と述べている。

 Appleから通告を受け、Imaginationは現在のライセンスおよびロイヤリティー契約の代替案について交渉したことを明らかにした。

 Imaginationは、Appleが同社の知的財産や秘密情報を不正に使用した場合には法的手段を講じる可能性を示唆している。

Appleが独自GPUを採用へ、ライセンス元は「知財侵さず開発は困難」と主張
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/040401009/

続きを読む

このページのトップヘ